農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

本誌連動 タネ企画 「ミニトマト」

公開日:2019.12.12更新日 2019.12.20

本誌「農耕と園藝 冬号」との連動企画として、オススメのミニトマトをご紹介! 収量や食味に優れ、病気にも強い品種を大公開します。ぜひ、生育特性や栽培ポイントをチェックしてみてくださいね!

初期から花数が多く多収で、M品率高く高単価が期待できる!

ミニトマト「サンチェリーピュアプラス」

  • 従来品種に比べ花芽の位置が1~2段早く着果し始め、10日程早く収穫開始できる。
  • 果房あたり20~35果と初期から収量が多く、高温下の着果もよい。
  • 「サンチェリー」シリーズの良食味はそのまま。果実は光沢のある鮮赤色で、裂果少なく高品質。
  • 葉が小さいので、誘引やホルモン処理がしやすい。

 

問合せ:トキタ種苗株式会社

http://www.tokitaseed.co.jp/
TEL048-683-3434

色艶がよく、食味や収量に優れる葉かび病耐病性ミニトマト‼

ミニトマト「アイラ」

  • 食味に優れ、平均糖度8~9度になる。
  • 複合花房の発生がよく、ダブル花房で揃いやすい。
  • 異常茎の発生がほとんどない他、耐病性も強い。
  • 平均1果重15~18gで、L・Mサイズ中心。

 

問合せ:株式会社武蔵野種苗園

http://www.musaseed.co.jp/
TEL03-3986-0715

この記事をシェア