農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

お役立ちリンク集~カルチペディア~
カルチべブログ

自粛期間にうれしい野菜

だま
公開日:2020.5.28

こんにちは、だまです。
コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されました。みなさん、はっちゃけて外出とかしてませんか? だめですよ、まだまだ抑え気味でお願いしますね。

新しい生活様式が示されていますが、状況によってその様式も変化していくことでしょう。引き続き感染に気をつけていきたいものです(といっても手洗い、三密をさけるくらいしかできませんが)。

弊社では、引き続きリモートワークが推奨されており、この先もリモートに移行していくと通達がありました。これも新しい時代の働き方です。私は、家の椅子だと尻が痛いので(痔じゃないよ)仕事用の椅子を購入しようと検討中です(まだ給付金の申請用紙来てないけど。それよりアベノマスクまだ?)。

さて、緊急事態宣言中、生産者の皆様は通常どおり出荷できた方、取引先に外食産業が多く出荷先に困った方などさまざまだったと思います。

私は購入する側ですが、普段、生協に頼んで配達してもらい、足りないものはスーパーに行っていたのですが、この期間、物流の問題(物はあっても配送手配が追いつかない)で、欠品が多く困っていました(特に野菜の欠品が多かった)。

そんなとき、ちょうど地元の高級スーパーや贈答品だけでなく、レストランなどに出荷されている生産者さんで、普段は個人に販売しない方が、この期間だけ販売してくる、とFacebookで情報が流れてきました。

その生産者さんは、渥美半島で営農されている吉田園さんというのですが、以前、「農耕と園藝」の取材で圃場も見せていただいていて、土作りにこだわって栽培し、ほんとうにおいしい野菜を作る方なので、すぐに注文させてもらいました。

季節はホウレンソウやネギをメインですが、他にもいろいろ栽培されています。で、その時に届いたのがこちら。

新タマネギなど、季節のものがたくさん入っていました。どの品目も野菜の味がしっかりしていて、おいしかったです。久しぶりに吉田さんの野菜が食べられてしあわせでした。
自粛がなかなか解除されないので、実はそのあともう一度お願いしたのでした。毎回お手紙が入っていたり、FBのメッセージでやりとりしたり、交流が楽しいです。毎回セット内容が少しずつ違うのですが、この回は、吉田さんのご近所さんの夏みかんがおすそ分けで入っていました。

スーパーや生協をとおして購入するのは便利で楽ちんで、もちろん日常的にお世話になっていてありがたいのですが、わがままな消費者は、たまには、生産者さんと直接やりとりできるといいな、と思ってしまうのです。たまには遠くの地に思いを馳せて、栽培している人の顔を思い浮かべながら、ものを食べるのもいいものです。コロナによる緊急事態はイヤですが、こういったうれしい、おいしい非日常はときどき味わいたいです。

ではまたお会いできる日まで、ごきげんよう!

この記事をシェア