農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

お役立ちリンク集~カルチペディア~
なるほど園芸用語

土壌の三相

公開日:2021.9.9 更新日: 2021.7.20

土壌は鉱物粒子と腐植からなる固体と、水と空気から成り立っており、それぞれを固相・液相・気相といい、これを「土壌の三相」という。土壌の全容積を100として各相の占める容積割合を%(パーセント)で示したものをそれぞれ固相率・液相率・気相率といい、この三相の組み合わせを土壌の三相構造という。

固相率は土壌の種類でほぼその範囲は決まっているが、液相率と気相率は降雨・潅水・乾燥・耕起などによって変化する。三相構造はまた耕土の深さによって変化している。

水と空気は固相の粒子間の隙間(孔隙)に存在するので、粒子の大小や配列の仕方によって変化する。一般に大きい粒子同士の配列では孔隙は大きいが、全体としての孔隙量は少ない。土壌粒子が1つずつバラバラに配列している単位構造より、小さなグループを作ってまとまっている団粒構造の方が孔隙も大きく、孔隙量も多い。この孔隙のうち、地下水を吸い上げることのできる細い毛細管孔隙が液相となり、これより大きい孔隙が主として気相となる。したがって、気相と液相を合わせたものが全孔隙量である。

気相と液相の割合は土壌水分、土壌通気性と直接関係し、作物の生育に影響する。全孔隙の2分の1以上が気相だと水分保持が悪く乾燥害を受け、気相が少なくなるとガス交換不良で酸素不足となり湿害を起こしやすい。根の伸長不良が起きる気相率は水稲で10%以下、キュウリで20%以下、キャベツで24%以下であることが示されている。

 

この記事をシェア