農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

お役立ちリンク集~カルチペディア~
種苗審査会

第65回 東京都種苗会 野菜・花き種苗改善審査会 「秋冬ネギ」の部

公開日:2023.12.19

生育概要

(1)生育初期(育苗~6月上旬):チェーンポットでの出芽はいずれも良好で、育苗時に目立った病害虫はなく、生育に問題はなかった。シャーレでの12日後の発芽率は90%以上と高かった。

(2)梅雨期(6月中旬~7月中旬):日照はやや多く、7月の気温は高めであった。降水量は少なく、ネギアザミウマやハモグリバエが発生した。

(3)盛夏期(7月下旬~8月下旬):降雨量が非常に少なく、日照時間が長く、気温の高い日が続いた。8月上旬に一部でチバクロバネキノコバエ幼虫が発生し、白絹病の発生が見られ、欠株が発生した。軟腐病、黒斑病、葉枯病の発生が見られた。

(4)8月中旬以降は、気温は平年並みか高い日が続いた。適期に培土ができず、一部の品種が傾いた。

(5)秋期(9月上旬~11月上旬):9月の気温は平年に比べ高めに推移した。10月に入ると気温は平年並みとなった。アザミウマやハモグリバエ、葉先枯れが発生した。

(6)本審査日までの生育日数は定植後、199日である。

収穫物審査の様子。
1 2 3 4 5

この記事をシェア