農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

カルチべブログ

ふるさと納税しました

ガース
公開日:2019.3.8

初めましてガースです。
出版社勤務なのに本作りに携わっていない、花の中間管理職です。

趣味はキャンプとランニング、というと爽やかアウトドア派っぽいですが、電子工作もしますし、ほんのり鉄ヲタだったりもします。好きな部品はコンデンサ、好きな車両はE231系500番台です。

ちょっと前の話になりますが、ふるさと納税をしました。
年末のTVCMですっかり洗脳されました。セレクトできるサイトを覗いてみたところ、どれもおいしそうなものばかりですが、野菜や果物はどれも量が多かったり、肉は超高級で私の料理の腕ではもったいなかったりと、どうも決定打に欠ける……。

ううむ、と思っていたところ、ふと天の声が。

「ジービーエー!」

実は、昨年の「鳥獣対策・ジビエ利活用展」を視察してからすっかりジビエのとりこ。以前キャンプに行った際、地元のおじさんに鹿肉を分けていただき食べたのが初めてでしたが、その深い旨味に驚きました。

展示会後がぜん興味が湧いて、都内のジビエ料理店を食べ歩いてみたのですがジビエ料理って結構お高いんですよね。

うーむ、どうしたらもっとジビエを食べられるのだろう……。
と悩んでいた、そんな折だったのですよ。

セレクトサイトの検索窓に「ジビエ」と入力すると、結構出てきまして目移りしたものの、結局2自治体からジビエを返礼してもらうことにしました。いずれも加工品なので、料理の下手な私でもおいしくいただけます。

でも実は、あまりにももったいなくてまだ食べていないのです。冷凍保存をしており、引っ越し(するんですよ。この話は次回)祝いに食べようかと思っております。

食品衛生法や加工場の整備、ビジネス化させるための安定供給、品質の維持など、これからクリアしなければいけない課題はたくさんあります。しかし、頭を悩ませている鳥獣害問題と、新しい食材を求める飲食業の間に新規ビジネスが花咲く予感がしています。

当社でも鳥獣害に関する書籍を刊行しています。ぜひそちらもご覧くださいね。

 

決定版 農作物を守る鳥獣害対策

本当に正しい鳥獣害対策Q&A

私、山の猟師になりました。

この記事をシェア