農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

資機材チェック

裂けにくく、ベタつき軽減!! 保温性に優れた高性能汎用農業用ビニールフィルム『晴天』

公開日:2019.4.12 更新日: 2019.5.13
『晴天』を展張した農業ハウス(外観)

農業ハウスで使用されている農業用ビニールフィルムは、施設園芸を営む生産者にとって重要なアイテムだ。今回ご紹介する外張り用高性能汎用農業用ビニールフィルム(農ビ)『晴天』(アキレス株式会社)は、アキレス独自の生産設備と最新の配合技術により開発された、優れた性能の農業用ビニールフィルムだ。

『晴天』が選ばれる3つの理由

①ハウス内の温度を逃がしにくい保温性能

植物の成長に大きな影響を与える温度管理は、施設園芸において重要なポイント。特に冬場は暖房機でハウス内の温度を上げるため、保温性能が高い農業用ビニールフィルムを選びたい。『晴天』の保温性能は、従来品より約5%も高く、温めたハウス内の温度を逃がしにくいため、暖房費の負担を軽減することが可能だ。実際に使用しているユーザーからは「保温力が強化され、透明性とのバランスが優れている汎用農ビだと思う」(福岡県・イチゴ生産者)といった声も届いている。

②破れにくい、引裂き強度が向上

台風などの悪天候や夏場の高温など、異常気象といえる厳しい天候が続く昨今、屋外にさらされる農業用ビニールフィルムは強度が求められる時代になっている。『晴天』は従来品に比べ、引裂き強度を示す「エルメンドルフ強度」が約20%アップ。強風でも裂けにくく作物を守ることができる。実際に使用している栃木県のイチゴ生産者は「強風でも簡単に破れなくなったと実感している」という。また「パッカーによる破れが少なくなった」(宮崎県・ニラ生産者)といった報告もある。

③ベタつきを軽減、作業性アップ

『晴天』は従来品よりベタつきを軽減する機能を約50%向上させたことで、フィルムの取り扱いがスムーズに。ビニールハウスの展張作業や、温度管理のための環境調整作業が容易となっている。

*数値はいずれもアキレスの従来品との比較。
*保温性能は、厚さ(mm)0.05、0.075、0.1での評価。

『晴天』を展張した農業ハウス(内観)

保温性能、引裂き強度、ベタつき軽減の3大性能に加え、透明性も高い汎用農業用ビニールフィルム『晴天』。作業性が改善され収量アップも期待できる『晴天』は、生産者の強い味方となってくれるだろう。

晴天(外張り用高性能汎用農業用ビニールフィルム)

厚さ(㎜) :0.05 / 0.075 /0.1 /0.13*/0.15*(0.13、0.15については幅135〜370cmまで。また、0.05は関西・九州限定販売。)
長さ(m) :100
幅 (㎝) :135/150/185/200/230/270/300/330/350/370/400(幅400cmを超えるサイズは、特注で受けつけている。)
*の商品については紫外線をカットしますので、イチゴ・ナス栽培、ミツバチを利用する栽培には使用しないでください。

<アキレス農業資材紹介> 詳しくはURLから↓↓
「晴天」(高性能汎用農業用ビニールフィルム)
https://www.achilles.jp/product/agriculture/horticulture/agricultural-vinyl-seiten/
「ファインシェード」(遮光剤)
https://www.achilles.jp/product/agriculture/horticulture/fine-shade/
「ビオフレックスマルチ」(生分解性マルチフィルム)
https://www.achilles.jp/product/agriculture/horticulture/bioflex-multi/


お問い合わせ

アキレス株式会社 農業資材販売部
TEL03-5338-9289
〒169-8885 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー

この記事をシェア