農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

カルチべブログ

カルチベ×落語?!

ガース
公開日:2019.4.19

電子工作や鉄道も好きなのですが、落語も好きなガースです。

落語といえば、「饅頭こわい」「目黒の秋刀魚」「時そば」などが有名。たまたまですが挙げたネタはどれも食べ物。食べ物ネタだと「ちりとてちん」「初天神」「鰻の幇間」「二番煎じ」「味噌蔵」なんかもありますね。あ、お酒は枚挙にいとまがないので省きます(笑)

…おっとっと、ここは「カルチべ」でした。

なんで落語の話を始めたかというと、先日、ガース大好物の「タケノコの土佐煮」を食べておりましたらふと思い出したんです。「『たけのこ』、っていうネタあったよな」と。

あまり高座にかける落語家がいないのですが、柳家喜多八師匠が得意にしていました。残念ながら数年前他界してしまい、今や高座で聴くことはできないのですが、一時期しょっちゅう聴きに行っていた大好きな落語家です。音源は各種メディアで残っていますので、是非一度聴いてみてください。抱腹絶倒間違いなし! もちろん、タケノコを食べながら「たけのこ」聴きましたとも。

ということで野菜や果物にちなんだ落語はないかと探してみたら、割とあるんですよこれが。

・ダイコン(長屋の花見)
・ミカン(千両みかん)
・カボチャ(唐茄子屋政談)
・ナシ(佃祭)
・ネギ(たらちね)

これ以外にもたくさんあるはず。ネタじゃないけど立川キウイ師匠という名前の落語家もいますね。

某大河ドラマでも落語がアクセントになっておりますし、カルチベ読者で落語に興味のある方、これを機に好きな野菜や栽培していている品目にちなんだネタを聴いてみては?

この記事をシェア