農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

カルチべブログ

旬の味

ノビー
公開日:2019.4.23

先日ちょっといいお寿司屋さんに行きました。その日は年に一度の贅沢ということで、おまかせコースを注文。季節の味を堪能しました。

今回いただいたのは鯛や白海老、初鰹など。それぞれに昆布締めやヅケなど相応しいひと手間が加えてあり、語彙力がないので「ただただおいしい」としか言いようがなかったです(笑)。

そして、合間に出される吸い物や箸休めなどもすばらしかった! なかでもびっくりしたのが今が旬のアスパラガス。茹でたアスパラ、みなさんも食べますよね。マヨネーズをつけるのが定番ですよね。太さがまちまちなので、意外と茹で加減が難しいのもおなじみですよね。

そのお寿司屋さんで出た茹でアスパラは、とても立派な太さでしたが、皮をむき、ちょうどいい加減に塩茹でされ、しっかり冷えていました。皮がむかれていますし、採れたてだからか筋張った感じもなく、シャキッ、サクッとした歯ごたえです。塩気は浸透していますが、野菜の甘みやうまみがしっかり味わえました。あまりのおいしさにびっくりして、「出汁か何かに漬けていたんですか?」と聞いたのですが、大将に「鮮度が良いモノを塩ゆでしただけですよ」と言われてしまい、とても恥ずかしかった……。

写真はアスパラではなく、えのきの昆布締めのにぎり。アスパラは写真を撮る前に食べきってしまった。

何気なく食べているものが、その鮮度と調理法でこんなにおいしくなるのか、と改めて痛感した夜でした。すべてを真似るのはなかなかできませんが、自分が料理するときに一部だけでも取り入れてみたくなりますね。ふだんアスパラは根元の皮をむくだけ、はかまを取るだけですが、たまには皮をむいてみようかと思います。

この記事をシェア