農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

カルチべブログ

スムージー? 

園長
公開日:2019.4.25

こんにちは。最近、運動をするたびに、あちこち体を傷めてしまう園長です。寄る年波に抗うどころか、沖合まで流されている日々なのですが、先週末、うちの嫁様(なぜか筋肉増強中)が危険なものを購入してまいりました。

 

その名も「ミキサー」。

そう、いろいろな食材を細かく砕いて、まぜまぜするアレです。

 

「スムージーを作ろうと思って!」

どうやらジム仲間に勧められた模様。

「野菜も摂れるし、プロテインを入れたりすれば…。」

……なにやら崇高な理想を持たれるのは良いと思いますが、そもそも「スムージー」なるものはなんなのか、我が家では知る者もなく、まずはそこからです。

 

ということで、世の中から遅れること数年。スムージーとは何ぞや、というところから調べ始めるミッション開始。でも、短時間では奥が深すぎて、結局よくわからないまま、とりあえず作ってみようということに。

 

まずはホウレンソウとバナナ、リンゴと牛乳でチャレンジ。これは、まあ普通にミックスジュースのようなものが出来上がり、美味しく飲めました。

 

そして、第2弾。

ホウレンソウとパセリに水だけでチャレンジ。

大量のホウレンソウをミキサーにぐいぐい押し込んでいる姿を怯えながら見ていたのですが、数分後、なにやら緑色の練り物のようなものが出てまいりました。……とりあえず、飲み物ではないような気がします。

口に含むと、ひと呼吸遅れてかなり強力な青臭さが鼻を抜けていきます。ひと口で挫折。

 

第3弾。凍ったリンゴを第2弾で出来上がった謎の練り物に加え、スイッチON。

ウーンウーンとミキサーがくぐもった悲鳴をしばらく上げたのち、止まりました。どうやら凍ったリンゴを入れ過ぎて、ミキサーが悩んでしまったようです。

 

このあたりで、嫁様は作ることに飽きたらしく、試飲&ダメ出し担当に就任。制作担当を仰せつかった園長は、翌朝から試行錯誤を繰り返す日々が続いています。

朝起きると、まずはホウレンソウを刻んで、準備開始。
刻んだホウレンソウとパセリに牛乳を少々加えてスイッチON!
ある程度滑らかになったところで、リンゴとニンジンのスライス(凍らせたもの)を投入!
牛乳とバナナを追加投入。これで大体の味はごまかせます。
とりあえず今日もスムージーもどきが完成。

 

で、2週間ほど作り続けてみて、いくつか解ってきました。

  1. とりあえず、バナナと牛乳を入れておけば大きな失敗はない。ごまかせる。
  2. 一度に全部の材料を入れてはだめ。葉物→硬いもの→果物の順に徐々に入れたほうが滑らかに仕上がる。
  3. パセリなどクセや匂いの強いものの量は控え気味のほうがダメ出しされない。
  4. 凍らせておく果物などは、できるだけ小分けにしてくっつかないようにして凍らせないと、ミキサーが壊れる。
  5. 朝はいつもより30分早く起きること。
  6. プロテインの投入は断固阻止。でも機嫌を損ねないように注意!

結局のところ、我が家ではミックスジュースのようなものを作っておけば、OKのようですが、早晩「飽きた」というクレームが届きそうな予感がします…。

ということで、おすすめのレシピがあれば、皆様教えてください。

この記事をシェア