農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

なるほど園芸用語

樹形

公開日:2019.11.21

幹と樹冠によって構成される樹木の形を樹形と言う。樹形は樹種に特有の形があるが、樹齢、生育密度、環境条件によって変化する。樹木が環境などの影響を受けて、その生活史を反映した樹形と様相を持つ場合には、その樹木の見た目の特性を樹姿と表現して、本来の樹形と比較して、その良否を判断することもある。

樹冠は樹木の葉群れの部分であり、茎の枝分かれの積み重ねによってできる空間的な形を指す。樹冠の側断面を描いたときの形を樹冠形と言い、樹冠形が特徴的な樹種では、樹形をこの樹冠形の名で呼ぶ。樹冠を分類するときは整形と不整形に分け、主幹を中心に主枝が四方に均整に伸びる場合は整形、不均整なら不整形と言う。

整形の樹形には、

円柱形(ポプラ、イトスギ)、

尖塔形(コウヤマキ、ヒマラヤスギ)、

円蓋形(カナリーヤシ、ソテツ)、

卵形(ブナ、シラカバ)、

杯形(盃)(ケヤキ、トチノキ)、

房頭形(ココヤシ、シュロ)がある。

不整形の樹形には、

枝垂れ形(シダレヤナギ、シダレザクラ)、

普通不整形(モミジ、アカマツ)がある。

園芸で樹木を対象とする分野は、造園、盆栽、果樹であり、それぞれの用途に合った樹形が作られている。この場合の樹形は自然樹形と人工樹形とに大別される。

  • 自然樹形

樹種に特有の本来の形を基本として、育成される樹形を自然樹形という。この樹形は庭木や植木と呼ぶ造園用樹木で作られる。自然樹形には柱状形、円筒形、円錐形、傘形、王冠形、尖塔形、株立ち形、楕円型、卵形、盃形、球形、房頭形、不整形、枝垂れ形、ほふく形、つる状形がある。

  • 人工樹形

整枝やせん定によって、利用目的に合った樹形に仕立てる場合は、人工樹形、または仕立て樹形と言う。庭木の刈込仕立て、盆栽樹形、果樹の仕立ては人工樹形である。人工樹形の庭木は整形式庭園に多く用いられ、玉作り、段作り、トピアリーなどはその特徴的な樹形である。

盆栽は鉢のなかで老大木の風情を表現するために、自然樹形とは違った樹形になり、これを盆栽樹形と呼ぶ。直幹、双幹、懸崖、舎利幹などのように、幹を重視した樹形が多い。

果樹の樹形も人工樹形である。主要な果樹のほとんどが、仕立て樹形で栽培されている。果樹の仕立て樹形は、果実の収量と品質を重視するため、樹冠の受光量が多くなるような仕立て方である。そのために、樹姿は開張性が一般的である。しかし、リンゴのわい化仕立てでは、樹形は直立で円錐形になる。

 

『農耕と園藝』2013年2月号より転載

この記事をシェア