農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

カルチべブログ

アップルフライドポテト

ガース
公開日:2019.12.10

こんにちは。ガースです。

今年は冬がのんびりとやってきてるみたいですね。

我が家の近所の公園も、まだ存分に紅葉が楽しめます。

ジョギングコースの紅葉。まっかっかです。この風景が見たくて走ってるかもしれません。

ラグロスなんだろ、ですって? ふふん、ご心配には及ばず。

大学ラグビー、続いてトップリーグが控えておりますのですよ。

来年の1月11日には新国立競技場で大学ラグビーの決勝戦! チケット取れるかな~。

先日ブログでお伝えしましたように、当社でりんごの試食会が開催されました。

一度にさまざまな種類のりんごの食べ比べをしたことがなかったので、おいしくって2周3周してしまいました。づみたん、ごちそうさまでした!

で、試食会のおこぼれをお土産にいただきました。

さて、どんな風に切ろうかな、うさぎちゃんかな~・・・。

せっかくだから新しい切り方にチャレーンジ! してみよう、と「りんご 切り方」で画像検索したのですよ。

そうしたら、まあいろいろなバリエーションがあるんですねえ。市松模様やスワンやら、ツワモノはジェンガまで作っていましたよ。

で、ガースが選んだのは、これです。

お待たせいたしました。アップルフライドポテトのMサイズです。

お、おわかりいただけますでしょうか・・・・・・。

りんごの中身をくりぬいて、皮の部分をポテトのケースに見立てます。

中身を細長く切り、ポテトに見立てます。

その切った中身を、ケースに見立てた皮に入れます。

 

我が家にはフルーツナイフなどしゃれたものはないので、普通の文化包丁一本で挑みました。

細かいところはスプーンなどでくりぬいて、くりぬいたそばからしゃくしゃく。おいしいなあ。

なので、想定してたよりもポテト部分が少ない。切りながら食べちゃいましたので(笑)

もちろん撮影後はスタッフがおいしくいただきました。皮まで!

 

あ、手切ったのは内緒だよ♪

この記事をシェア