農耕と園藝 online カルチべ

生産から流通まで、
農家によりそうWEBサイト

カルチべブログ

校了のフィーバーは、おいしいイチゴを堪能しながら

だま
公開日:2020.2.7

みなさんこんにちは。だまです。
さきほど2020年春号、校了しました! 取材にご協力いただいた生産者様、そして関係者の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございます。春号の発売は2月22日です。通常は23日ですが、曜日の都合で22日、ニャンニャンニャンの猫の日発売です。特集は「ネギの最新動向」「今こそ知りたい! 薬用植物」です。全国の書店・ネットショップにてお求めください!

そんな校了作業で編集部がフィーバー(!)している時に、カルチべでもご紹介しているママズベリーさんからイチゴが届きました〜♡ 大粒でジューシー、おいしいイチゴをありがとうございます! 農耕と園芸とそのご近所の編集部みんなでいただきました。

お行儀よくならんでるイチゴちゃんたち。

贈答用のイチゴって、パッケージからしてテンションあがりますよね。ためしにイチゴの箱を持って社内をうろうろしてみたら、みんな「お〜っ!!」とか「イチゴちゃ〜ん」とかチヤホヤしてくれました(私でなくイチゴを)。

ママズベリーさんは千葉に圃場がありますが、昨年秋の台風でハウスの一部が破損してしまったそうです。それでもすぐに復旧作業をして、イチゴのシーズンに間に合わせたそうです。ママズベリーさんのご苦労を考えると、さらにイチゴが愛しく、そしておいしく感じます。

そんなママズベリーさんが就農されたときのエピソードはカルチべでお読みいただけます。ぜひごらんください!

 

 

ママズベリー[前編]子供が幼稚園に上がるタイミングで 思い切ってイチゴ農家に転身!

ママズベリー[後編]販路の開拓! 直売所と摘み取り農園の取り組み

この記事をシェア